topics

各地域で畜魂祭開催 ~口蹄疫から今年で9年、再発防止誓う~

2019年07月01日

9年前に宮崎県で発生した口蹄疫により殺処分となった家畜達の霊を弔うため、肉用牛部会新富支部は、6月25日に新富町営牧場跡で畜魂祭を執り行いました。

祭事には新富支部の肉用牛部会・酪農部会の農家を始め、JA児湯をはじめ関係機関・各町役場の役職員などが出席し、慰霊碑に玉串を奉納して犠牲となった家畜の霊を慰めると共に、9年前の惨劇を再び引き起こさないよう、防疫体制の更なる徹底に努めることを誓いました。また、畜魂祭の前には恒例のミニバレー大会も行われ、部員同士の交流を深めました。

この他、18日に春日地区、24日に木城町、30日に湯風呂地区でもそれぞれ畜魂祭が行われました。

ページの先頭へ戻る