topics

完熟マンゴー『太陽のタマゴ』3町へ贈呈 ~今年で20周年、出来も上々~

2018年05月28日

5月23日から25日にかけて、高鍋町・新富町・木城町の各町長を施設果樹部会の児玉潤一郎会長と指導員が訪問し、今年度産の完熟マンゴー『太陽のタマゴ』を贈呈しました。

『太陽のタマゴ』は、宮崎県産完熟マンゴーの中でも糖度15度以上、鮮紅色の乗った重さ350g以上のもの等の厳しい選果基準を満たしたものに与えられる最高級ブランドで、今年で20周年を迎えます。

児湯管内では10戸の農家がマンゴーを生産しており、今年度はおよそ14トンの出荷を予定しています。指導員によりますと、昨年の日照不足などが原因で収穫量は減少しましたが、色・大きさ・味共に非常に良好な仕上がりだという事です。

大切な方へのギフトにもお勧めですので、この機会に是非お買い求め下さい。

ページの先頭へ戻る