topics

早期水稲苗播種始まる~予約数はほぼ昨年並・引渡しへ向け作業続く~

2018年03月05日

2月16日から、新富と木城それぞれの育苗センターで2018年度の早期水稲苗の播種作業が始まりました。

今年度の水稲苗の予約数は3月5日時点でコシヒカリが約4万箱となっており、ほぼ昨年並の予約数です。この内、4年前から導入されている薬剤処理苗のコシヒカリは約1万5千箱と昨年よりも数を増やしました。また、飼料用苗は約3万3千箱、醸造用苗は約4千8百箱となり、こちらも昨年並となっています。

取材した木城育苗センターでは、前日に播種を終えた苗をビニールハウス内に広げて並べる「苗広げ」が行われており、職員が忙しそうに作業を行っていました。育苗センターの担当職員は「今年は気温が低く適切な温度管理が難しいですが、良い苗を育てて、農家の皆さんに喜んでいただけるよう一生懸命頑張ります」と話していました。

早期水稲苗の播種作業は4月上旬まで続く予定です。


ページの先頭へ戻る