JA児湯は、人々とのふれあいネットワークに取り組みます。

topics

シンビジウム展示会&即売会大盛況

2017年01月14日

 洋蘭の一種で、高級花の代表格であるシンビジウムの展示会が、新富町文化会館で、1月12日から14日まで行われました。

 また、年末から年始にかけては、宮崎空港でも展示会が行われました。

これは、JA児湯新富洋蘭部会が、洋蘭の消費拡大に努めようと8年前から行っているもので、新富町文化会館には色とりどりのシンビジウムが約100鉢並び、訪れる人の目を楽しませていました。

JA児湯管内には5件シンビジウム生産農家の方がいます。シンビジウムは草丈約10センチの苗から三年間かけて育て、ようやく花を付けます。冬は加温を、初夏から秋までは自然環境下で遮光ネットを被覆するなどきめ細やかな管理を行います。また、花を付ける三年目の株は7月から9月末まで山上げ地と呼ばれる別の圓場で管理されます。

展示品の花の即売会も行われ、鉢の価格が市価より格安なこともあり、朝早くから多くの購入客が訪れていました。