topics

第59回宮崎県畜産共進会

2015年10月27日

~口蹄疫終息後 新富町で初開催~

 

10月26日、27日の2日間、肉用種種牛部門の県畜産共進会が児湯畜連で行われました。

 口蹄疫で被害が集中した西都・児湯地区での開催は終息後初めてとなります。

県共は第59回宮崎県畜産共進会

第1類(生後12~17ヶ月未満の雌牛)、第2類(同17~22ヶ月未満の雌牛)、第3類(同12~22ヶ月未満で同じ種雄牛を持つ雌牛3頭1組)の3部門に県内8地区から選抜された71頭が出場され、全国和牛登録協会をはじめ、宮崎県畜産試験場や家畜改良センターが審査を行いました。

 JA児湯管内からは予選を勝ち抜いた新富町の森山延幸さんと、同じく新富町の松本司さん、同じく鈴木美末さん、高鍋町の野村哲也さんの4人の牛が出場。

森山さんの「ゆきさくら号」は第2類の優等2席を獲得しました。

出品者の皆様、大変お疲れ様でした。

その他の結果は次の通りです。(敬称略)

【第1類】

1等   松本 司「ふくひめ2号」

2頭   野村 哲也「うめみほ号」

【第2類】

優等2席 森山 延幸「ゆきさくら号」

 特別賞…品位賞も受賞

1等   鈴木 美末「あきひら3号」

特別賞…後躯賞も受賞

【第3類】

1等   森山 延幸「もりみか5号」

 

【団体の部】

3位 児湯郡市畜産農業協同組合

ページの先頭へ戻る